Arch Linux で PPPoE で外部にサーバを公開する

v6 プラス 環境下で IPv4 でサーバを公開するために、Arch Linux マシンから PPPoE 接続を試みます。

v6 プラスな環境は IPv4 の通信が IPv6 に包まれ送信されます。設定不要で接続が簡単だったりなにやら速いらしいなどの利点がありますが、IPv4 なサーバに接続する際に初めて NAT されて IPv4 アドレスを使って通信し、複数ユーザで一つの IPv4 アドレスを共有される形になります。
ユーザ個別の IPv4 アドレスが得られないため、外側からユーザの設備まで到達することができません。よって、v6 プラス環境では IPv4 を使用して自宅でサーバを公開することができません。

そこで、HGW の PPPoE ブリッジ機能を通して LAN 内から PPPoE 接続を試みることによりグローバルな IPv4 アドレスを取得し、外からアクセスできるようにします。

Read more